So-net無料ブログ作成

台風15号通過の当日の朝に異常な通勤ラッシュ [時事・ニュース]

─「千葉から出られない」「社畜の参勤交代」 千葉県・津田沼駅の入場待機列がヤバすぎると話題に 台風15号の影響で運転見合わせ─
その様子はNHKなども報道しており、映像を見ると「狂気」「コミケか?」というTwitter上で見られたツッコミも納得の規模でした。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1909/09/news076.html

東京23区へ通勤する電車の路線数が千葉県の面積に対して少ないのかもしれません。
こんなに行列ができたら乗車できなかった人もいるのではないでしょうか。
台風の翌日と翌々日は法定休日にしたほうがいい。
大雪や台風の直後はまともに運行できないのだから鉄道も終日運休にするべき。
こういう日でも出勤する必要があるのは交代制勤務の人たちぐらいです。
交代制ではない仕事の人たちは昨日は仕事にならなかったでしょうから、異常な通勤ラッシュの中を出勤した生産性の維持や費用対効果があったのか疑問ですね。
鉄道各社も午前8時頃から運転再開にしたから殺到した。
「運転の再開は未定」にしてしまって、運行が可能になった時点で翌日から運行を再開すればいいだけ。


市原市ではゴルフ練習場のネットの支柱が倒壊して複数の民家の屋根に直撃し、20代の女性が重傷、という事故も起きました。
同じく市原市ではダムの上に設置された水上のメガソーラー発電所では火災が発生。
市原市では電柱が倒れ電線も垂れ下がり一帯は停電。
上陸の直撃は千葉県が最も酷かったようです。
千葉県は老朽化した建物が多い気がしますから被害も大きくなりやすい気がします。
千葉県を中心に61万6900万戸が現在も停電していて、一部断水もしているそうです。
成田空港では鉄道とバスの運休により1万7千人が足止めになりましたが、現在は鉄道の運行が再開し、高速道路が再開したので徐々に混雑は解消しているようです。
千葉県に住んでいないで良かった。
埼玉南東部は海から離れていて地盤も硬い所が多いから風水害に強いのかも。
埼玉県に足りないのは地下鉄、下水道、都市ガスです。


─台風15号 2019大型トラック目線 最大瞬間風速 57.5m/s 永福~茨城 高速道の様子─
https://www.youtube.com/watch?v=Zv00vbUncpQ
トラックの運転手なんてやるもんじゃないね。
すさまじい。

昨日、5号サイズ(15センチ)のケーキを作りましたが大失敗。
2つ失敗して見せられたもんじゃありません。
・キッチンエイドでホイップクリームを立てながらシロップを作っていたのですが、立てすぎてしまいクリームがボソボソに。
シロップを作りながらミキサーから鳴る「タプタプタプ!」という音で気がついてホイップクリームが終わりました。
それでもボソボソのクリームでナッペまでやりました。
・共立てのスポンジを焼いてから15センチの抜型で耳を切り忘れたままボロボロクリームを乗せてナッペまでしてしまい、ナッペを終えてからパテ抜きし忘れた事に気がついた。
散々でした。
絞りをする気力も起きず、一口も食べずに捨てました。

明日からまた学校です。
だるいです。
卒業して働くことで自分の自身と誇りを取り戻したい。
学生のあいだは学校が社会の全てになってしまうから世の中が狭く小さいと思っています。


『ジェノワーズ(共立てのスポンジ)』5号(15センチ)
・全卵     110グラム(M玉2個)
・薄力粉     67グラム
・グラニュー糖  67グラム
・バター     15グラム
・牛乳      10グラム
全卵に対して0.6倍が概ねの薄力粉と砂糖の量でいいと思います。

『アンビバージェ(シロップ)』
水(湯)     60グラム
グラニュー糖   20グラム
(砂糖水ができればいいので、だいたいでいい)

『クレームシャンティ(砂糖を入れて立てたクリーム)』
生クリーム    300g
グラニュー糖    30g
(生クリーム、ホイップクリームともに10gあたり砂糖は1gにしている)

道具
・オーブンレンジ、オーブンレンジの角皿(天板)、湯せん用にフライパンか浅底の手鍋、デコ缶(5号、15センチ)、敷き紙(グランシン紙)、ケーキクーラー、パテ抜き15センチ、ボウル、卓上型またはハンドミキサー、ハンドホイッパー、ストレーナー、ゴムベラ、スプーン、パレットナイフ、回転台、ケーキバール、波刃(パン切りナイフ)、ペティナイフ、絞り袋と星形の口金、シリコン刷毛。

─手順─
・ジェノワーズ
準備
・型紙を敷く(サイド→全周+3センチぐらい。15センチ×3.14=47.1+3センチで50センチぐらい。直径15センチの円形に切った底(そこ)紙を敷く)
・少し大きめのボウルにバターを入れて湯せん
・薄力粉をふるっておく
・170℃に予熱

ミキサーボウルに卵2個を割卵→
ミキサーのホイッパーで手で溶く→
全卵にグラニュー糖全量を入れてミキサーホイッパーで手で混ぜる→
湯せんしながらゴムベラで返す(35℃)→
ミキサーボウルをミキサーにセット→
ミキサー中速→高速→底が見えたら低速→リュバン状(リボン状)にする→ホイッパーの可動の線が出たら停止→
大きいボウルに移す→
ゴムベラでセレ(生地の全体を返す)→
ふるった薄力粉を数回に分けて入れて入れてゴムベラで混ぜる→
湯せんしたバターのボウルに牛乳を入れる→
バターのボウルにスプーンで生地を少し移して混ぜる→
湯せんしたバターの生地をボウルへ戻して攪拌→
生地を高い位置から丸型の真ん中にゆっくりと垂らす→
焼成170℃25分。
型ごと20センチぐらいの高さから落として焼き縮みを防ぐ→
裏返して型からスポンジを抜く→
敷き紙は貼ったままケーキクーラーでスポンジを冷ます(乾燥を防ぐ)→
サイドの敷き紙を剥がし、底の敷き紙を剥がす→
表にしてパン切りナイフで表面を切る→
ケーキバールで2枚またはスポンジに厚みがあれば3枚にする→
シロップを塗る→ナッペ。

・シロップ
水を加熱してグラニュー糖を入れて60℃ぐらいで火を止めて溶かす。
シロップはナッペをする前のスポンジに刷毛で塗る。

共通テーマ:ニュース