So-net無料ブログ作成

関東南部、台風15号の爪痕は小さかった [時事・ニュース]

─東京電力管内の停電、93万軒に 台風15号の影響─
関東地方に上陸した強い台風15号の影響で、東京電力は9日午前8時現在、千葉県や神奈川県などで約93万1800軒が停電していると発表した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000002-asahi-soci

昨夜は2時に就寝しましたが風の音がうるさくて寝つけず、最後に腕時計を見た時刻は3時でした(チタンの腕時計を着用して寝ています)。
9時に起床してテレビの受信確認(屋根のアンテナが傾いていないか)、インターネットの閲覧(光回線が断線していないか)、177に電話(電話線の断線確認)、電気、水、ガス、全て正常でした。
大雨で故障しやすくなる、エアコン、換気扇、カメラ付きインターホン(オプションの追加カメラも含め)て正常。
自宅前の道路も冠水していないし、床上床下浸水もしていません。
電動シャッターと雨戸があるので窓枠からの雨水の浸入もしていません。

女性の死亡者が1名発生したようですが、付近の防犯カメラの映像によると強風で煽られて転倒した際に頭部を強打したものとのことでした。
なんであんな強風のなかを歩いていたのだろう。
自分は大丈夫という考えがあるから痛い思いをして死んでしまうのです。
台風だから発見も遅れるし、救急車が到着するのも遅れるのだから、早くに帰宅するか外に出ないかの選択しかありません。

昨年の台風21号による大阪の映像ではトタン屋根が剥がれたり、トラックやバンが横転するなどしましたが台風15号ではそういう事故は起きなかった。
日曜日の夜間に上陸したので交通量が少なく、関東南部は老朽化した建物が少ないからだと思います。
関東人は用心深く、慎重な性格な人が多いのも被害が少ない理由になったとも思っています。
台風21号の大阪の映像がニュース番組やインターネットで広く知られた事も、台風前に吹き飛びそうな物を前もって片付けるきっかけになったと思います。

電車の運休によって通勤時間帯がずれ込み、駅やタクシー乗り場は混雑しました。
私は休校日なのでテレビで高みの見物でしたが、電車の運休や大幅な遅延が分かっているのなら今日1日臨時休日にしてしまえばいいのに。
親友は学校(試験期間)でしたが、昨日の段階で今日の試験は中止となり、明日、2教科分の試験をするそうです。

私の予定としては、午前中は台風被害の情報をテレビで見て終わってしまいました。
午後は、ゴミ処理センターに行って、冷凍弁当の段ボール、可燃ごみ、桃の缶詰の空き缶の処分、電池交換で交換した乾電池の処分、をしてきます。
帰宅したらケーキを作ります。
私も試験期間中なのであまりゆっくりできない。

台風15号、関東南部に上陸、停電したら冷凍弁当24食分が台無しになってしまう [時事・ニュース]

─台風15号は「関東上陸では最強クラス」の可能性 気象庁「接近とともに世界が変わる」─
■昨年の台風21号並みの強風被害の恐れも
強い台風15号が首都圏に接近している。強い勢力を維持したまま、8日夜遅くから9日明け方には関東地方または静岡県に上陸、9日昼前にかけて関東甲信地方を通過する見込みだ。

気象庁は8日午前11時から記者会見を開き、中村直治予報官が「関東を直撃する台風としては、これまでで最強クラスといっていい。
記録的な暴風となる恐れがあるので、風が強まる前に、早め早めの避難や安全確保を」と警戒を呼びかけた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00010000-wordleaf-soci

1938年9月1日の46.7m/sが東京の最大風速だとか。
その記録を超える猛烈な風雨になるとのこと。
0時30分、埼玉南東部、風雨が強いです。
天候荒れています。
2階自室の断熱雨戸が強風で押される音がたまに聞こえます。
伊豆市付近で1時間に110ミリの記録的短時間大雨情報が速報されました。

22時頃のニュース番組を見ていたら渋谷の現在の様子が映し出されました。
雨が降る中、タクシー乗り場には30分以上待ちの行列ができていました。
地下鉄を除くJR、私鉄各線が20時ぐらい運休を始めたのでタクシー待ちの列に並んでいる人たちの大半は仕事帰りなんだと思います。
徒歩で帰宅する人もいると言っていました。
現在、埼玉県南部の自宅にいますが、雨風が強くなり、横殴り状態です。
タクシー待ちの人たちは今頃、どうしているのだろう。
これから0時~8時にかけて風雨は強くなり、東京で最も風雨が強くなるのは3時頃という予報です。
東京の24時間の予想降水量は250ミリ。
短時間に集中的に降るので東京23区の雨水の排水量は1時間当たり50ミリなので冠水や床下、床上浸水の可能性があります。
突風による停電や光回線や電話線の断線も困ります。

私の自宅は注文住宅ですが、設計時に伝えたのは2階の窓に雨戸を取り付けることでした。
1階は電動シャッターが標準でしたが2階は雨戸も電動シャッターもない仕様。
建て売り住宅もそんな感じですね。
風水害、太陽光による赤外線と紫外線の遮断と断熱、防犯性能の向上、遮音、ガラス破損の防止、ガラス破損時の遮蔽、など電動シャッターや雨戸の役割は大きいです。
雨戸は良い面ばかりなので、注文住宅を建てる時には設計の段階から2階にも電動シャッターか雨戸を取り付けましょう。
「これからの地球環境の悪化や気候変動で台風や紫外線の対策が必要だから2階に雨戸を付けたい」
とハウスメーカーとの打ち合わせで伝えたら「今は2階は紫外線対策がとられた断熱ガラスで大丈夫ですよ」と言われましたが、雨戸をつけて本当に良かったです。
因みに、建築基準法で定められている自然吸気の機械排気で設計されている24時間換気は意味を成さないと思っています。
湿気と換気不足になりやすい屋根裏収納の24時間換気だけは機械吸気の機械排気にしたのも正解でした。

最大瞬間風速60メートルは時速216キロメートルです。
最大瞬間風速なので強風から急激に時速216キロで走行するのと同じです。
時速100キロで走っていたら一瞬で216キロなんて車でも不可能です。
ジェット機ぐらいでしょうね。
60m/s(風速。メートル毎秒)×3,600(1時間の秒数)÷1,000(秒速を時速に変換)=時速換算で216km/h。
風速に3.6を掛ければ時速となります。
私も今回の台風で計算式を知ったのですけどね。
風速に3.6を掛ける計算式は覚えておけば役に立つと思います。
時速100キロで走行する車は3.6で割れば風速27.7メートルとなります。
落雷の光った時から音が聞こえるまでの秒数に1,224を掛ければおおよその距離を計れますね。
関係ないけど、音速(マッハ)はマッハ1が340 m/s なので3.6を掛けて1,224 km/hになります。
私たちの声や物音はマッハの世界ですから壮大なスケールですね。
実感はありませんけどね。

今日予定していたケーキ作りは明日に延期して台風に備えて買い出しに行ってきました。
配達時間の枠の後半に宅配されたのでケーキを作る時間がなくなり買い出しに行った為です。
2リットルペットボトル飲料水×3、電子レンジで加熱するごはん5食入り×3(補充)、カップ麺×3(補充)、レトルトの麻婆豆腐×2、冷凍弁当24食分の宅配の受け取り、白桃と黄桃の缶詰(今夜のデザート。冷やして食べる。1個130円×各1)。
夕食も外食してきました。
準備は万端です。
ガソリンスタンドで満タンにもしてきました。
明日は台風一過で日中から気温がグングン上がり東京では36度の予報です。

ヴィンランドサガが台風情報で中止になってしまいました。
残念です。
悔しいので、これから入浴後に冷やした白桃と黄桃の缶詰を食べてから寝ます。